Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
文体練習
文体練習 (JUGEMレビュー »)
レーモン クノー, Raymond Queneau, 朝比奈 弘治
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫)
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
式場 隆三郎,式場 隆成,岸 武臣,赤瀬川 原平,藤森 照信

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES


CATEGORIES
PROFILE

OTHERS
qrcode


YamaRan's:備忘録

<< 桃美人 | main | ミーチ兄弟 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
千原Jr.の「センマ」
仕事ほったらかしてルミネへ急ぎ、千原Jr.の「センマ」
丸の内線のどの辺りの車両に乗ると新宿に着いたときに改札に近いか、最近ようやく分かってきました(笑)。

出演:千原Jr、渡辺あつむ(ジャリズム)、小堀裕之(2丁拳銃)、ケンドーコバヤシ、あべこうじ

音楽は全編童謡。
オープニングでは「隅田川」が淡々と流れる。
逆に異様でイイ。
舞台には、アンディ・ウォーホル風にアレンジされた、千原兄弟の祖父・センマさんのカラフルなポートレート。

#1「予測変換」
人物カードと文字カードを一枚ずつ引き、携帯の予測変換機能のようにその人物がいいそうな台詞を考える。
例えば「靖史のファン」+「そ」で、Jr.「そこが弟とちゃうとこ」コバ「それは先入観やって」。
Jr、渡辺、小堀、コバがひとつの机を囲み淡々と。
出だしから下ネタオンリーだとJr.に指摘されたコバ「上方から来た下ネタ使いです。」(笑)。
考え中のシンと静まりかえった客席が印象的。
ダイナマイト関西も会場にいたらこんな感じか。

#2「なんでかえてんっ」
「セロリ」の替え歌「パクチー」をJr.が熱唱。

#3「ワードDJ」DJ・J×DJ・KOBA
あらかじめ録音したフレーズがCDメディアで用意してあり(1枚に1フレーズずつ、20〜30枚くらい?)、2人のDJが交互に再生して行く。
Jr.「戦車に乗った泉ピン子」→コバ「それが死んだ母の遺言です」→Jr.「そんなタイトルのAV誰が見んねん」みたいな感じで掛け合い(だいぶうろ覚えだけど)。
相手のフレーズを聞いてから自分のCDをチョイスする、この、持ち札が既に決まっているという緊張感がいい。
「お題と答え」だけに留まらないオルタナ大喜利(笑)。
待ち時間で微妙に間延びしますが。

#4「ナチュラルCM」
MC・渡辺、アシスタント・小堀。
お題になった商品をJr.がナチュラルなCMで紹介する。
Jr.は商品を見てから、舞台裏の“ナチュラルーム”(笑)に移動し、そこでCMを演じるため、舞台上や客席の反応は分からない様子。
お題は、野菜ジュース、リップスティック、味ごのみ、熱さまシート、栄養ドリンクなど。
個人的には、渡辺も散々「ムカツク」と言っていた、パーティー用クラッカーの「あいつ、よろこぶぞぉっ!(さわやかにフレームアウト)」が良かった。
しかしあれだけやられると、観てる方も恥ずかしくなってくるな。

#5「キレるや否や和らげろ」
タイトル通り「お前、何回同じ事言わせんねんっ!ちゅき♥」といった調子で。
他でもやってなかった?コレ。
しかし何で設定がカップルばっかり?(笑)

#6「なんでそいつ目線やねん」
山下達郎の「クリスマス・イブ」を、待たせてる側の目線で替え歌。
「パクチー」よりこっちの方が面白かった。

#7「ワードDJ」DJ・J×DJ・NABE
前回と同じ。
ただDJ・NABEの機材トラブル?操作ミス?でいまひとつ乗り切らず。

#8「Jr.どや顔選手権」
ここでようやくあべこうじがコーナー司会で登場。
TV出演時、回答を出した後などに見せる「どやっ!」というキメ顔=どや顔を紹介し、審査員が“どや度”を判定。
審査員は、「大阪時代から数々の“どや顔”を見てきた」と言う渡辺、「縦列駐車して車降りたときも“どやっ!”って顔しはるんですよ」と言う小堀、そして「あ、はい、あの、移動中とかにも」と言う八十一岡こと市岡マネージャー。(Jr.曰く「今日10分程遅れて開演したのは、八十一岡の遅刻が原因」)
これは私も気になってた!「あんな自信満々の顔して、すごいな」と(笑)。

紹介されたどやTR(=どや顔VTR・笑)は、「虎ノ門」第5回しりとり竜王戦から2ヶ所、「メレンゲの気持ち」で陣内智則のエピソードを披露する場面、「松紳」で腹にサランラップ巻いてると言われた後の返し、「笑っていいとも」テレホンショッキングでの裁判傍聴話の最後の部分。
わざわざ“どや顔”部分をカウントダウンして見せて、さらにクローズアップでリピート(笑)。
初めのうちは「そんな顔した覚えはない」と言っていたJr.も、次第に「これは…相当イタイな(笑)」と否定出来ない状態になり、最後はイスから落ちてのたうち回ってました、恥ずかしさのあまり。
判定は、30点満点のはずなのに35点をマークした、テレホンショッキングでの“どや顔”に決定。

これに懲りず、今後も自信満々の“どや顔”を見せていただきたいものです(笑)。

エンディングでは「センマ」はこれからも続けていく、という様な発言あり。
今回、会場の盛り上がりという意味では「どや顔選手権」がダントツでしたが、個人的には「予測変換」が面白かった。「ワードDJ」も今後に期待。
事前には内容がほとんど知らされていなかった今回のイベントですが、実験的というか、このメンツだから出来た、みたいな部分もあると思う。
直前に、出演者が千鳥の大悟から渡辺に変更になったのですが、この顔ぶれと大悟がどうからむのかも観たかったな。
| お笑い・演芸 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://yamaran.jugem.jp/trackback/309