Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
文体練習
文体練習 (JUGEMレビュー »)
レーモン クノー, Raymond Queneau, 朝比奈 弘治
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫)
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
式場 隆三郎,式場 隆成,岸 武臣,赤瀬川 原平,藤森 照信

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES


CATEGORIES
PROFILE

OTHERS
qrcode


YamaRan's:備忘録

<< 「フットボールマシーン」 | main | 「インファナル・アフェア」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
散歩日和
「知里幸恵生誕100年記念巡回展・自由の天地を求めて〜知里幸恵『アイヌ神謡集』への道〜」を見るために、駒場にある、日本近代文学館へ行った。

井の頭線・駒場東大前駅なんて初めて利用した。
とんちんかんな間違い方で道を間違えて、予想以上に時間がかかってしまった。

内容の方は、写真や当時の資料、金田一京助からの書簡等。
だいたい想像通り。
はじめて写真で知里幸恵の姿を見たが、本当に幼い感じのかわいらしい娘さん、といった雰囲気。

同じく駒場公園の中にある、旧前田邸も見た。
洋館は週末と祝日のみの公開だったので、内部は見学できず残念。
和館は無料で中に入れた。
こぢんまりとした庭を眺めてぼーっとしたら、すこし脳の力がゆるんだ気がした。

公園を横断して出ようと思ったら、うっそうと茂った木立が、文字通り“昼なお暗い”といった雰囲気で、ちょっと怖い。
開けた辺りでは子供連れで遊んでいる声が聞こえているのに。

私の周辺ではなぜか売り切れ続出の「美術手帖」を渋谷で買って帰る。
| 展覧会 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://yamaran.jugem.jp/trackback/182
http://east.mythicalword.info/83418343836B905F97778F57/
アイヌ神謡集アイヌ神謡集(あいぬしんようしゅう)は、知里幸恵が編纂・翻訳したアイヌの神謡(ユーカラ|カムイユカラ)集。1920年11月、知里幸恵が17歳の時に、金田一京助に勧められて幼い頃から祖母モナシノウクや叔母の金成マツより聞いていた「カムイユカラ」を金
| 神話の世界 | 2007/10/30 4:14 PM |