Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
文体練習
文体練習 (JUGEMレビュー »)
レーモン クノー, Raymond Queneau, 朝比奈 弘治
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫)
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
式場 隆三郎,式場 隆成,岸 武臣,赤瀬川 原平,藤森 照信

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES


CATEGORIES
PROFILE

OTHERS
qrcode


YamaRan's:備忘録

<< 東京国立近代美術館 所蔵品展/工芸館 | main | 横浜美術館コレクション展 「賛美小舎」―上田コレクション >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
「戦火の馬」
スティーヴン・スピルバーグ監督の映画「戦火の馬」。
ベネディクト・カンバーバッチが出てなかったら観なかっただろうな。

アルビー少年(ジェレミー・アーヴァイン)は気性の荒いサラブレッド・ジョーイを調教するが、戦争が始まり、軍馬として売られてしまう。
英国軍の将校を乗せ、ドイツ軍では兵士の脱走に使われ、フランス軍では大砲を引かされる。飼い主が替わり、大陸を転々とするが…。

少年と馬の関係とか、軍人さん達とか、どこをとっても型にはまりすぎてる様な、話が出来すぎてる様な印象。でもまあ、中学生くらいの子供向けと思えばまあいいかな。
ああ、原作が児童小説なんだね。なるほど。そういう感じです。

いや、いい話でしたけどね。再会の場面にはジーンと来ましたよ。
でもそこも含めて、やっぱり出来すぎだよ。

| 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。