Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
文体練習
文体練習 (JUGEMレビュー »)
レーモン クノー, Raymond Queneau, 朝比奈 弘治
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫)
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
式場 隆三郎,式場 隆成,岸 武臣,赤瀬川 原平,藤森 照信

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES


CATEGORIES
PROFILE

OTHERS
qrcode


YamaRan's:備忘録

<< 第22回 きたくなるまち区民寄席 | main | 「オルセー美術館展2010 - ポスト印象派」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
「ザ・デンジャラス・マインド」
TVでやってたので何となく観てみました。映画「ザ・デンジャラス・マインド」。
あれ?「デンジャラス・マインド」っていう映画もあったよね。もうちょっといい邦題考えたらいいのに。

イギリスの寄宿学校の同級生・ナイジェル(トム・スターリッジ)を殺した容疑で逮捕されたアレックス(エディ・レッドメイン)は曖昧な証言を続けていた。確固たる証拠が得られないため、精神科医・サリー(トニ・コレット)が、事件にまつわる話を聞き出すよう要請される。
徐々に心を開いたアレックスは、ナイジェルの歪んだ趣味と行動について話し始める。

パブリックスクールを舞台にしたイギリスらしい美少年ものに、これまたイギリスらしい猟奇趣味を足して、少しオカルト・フレーバーを加えた、といった感じですかね。ダークな少女漫画。

ラストの電車内のシーンで江戸川乱歩の「押絵と旅する男」を連想してしまいました。

アレックスは結局ナイジェルに“征服”されちゃったってことだよね。それがつまりアレックスの言うところの「ナイジェルは永遠を手に入れた」という事なんだろうね。

トニ・コレットが出て来る度に何となく違和感を覚えつつも最後まで観たんですけど、この映画自体もなんとなく煮え切らない感じでした。

まー、雰囲気とか映像とか、そういう所を楽しむ作品かな。
悪くはないけど、取り立てて良くもない。
| 映画 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
DVDは出てないっぽいですね。ちょっと調べてみた限りでは。
WOWOWで10/23(土)深夜2:00から再放送するみたいですよ。参考:http://www.wowow.co.jp/pg/detail/021368001/
| YamaRan | 2010/09/06 9:54 PM |
この映画見たいんですけど、DVDは売っていないんですかね〜
| ao | 2010/09/02 12:32 AM |









http://yamaran.jugem.jp/trackback/1353