Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
文体練習
文体練習 (JUGEMレビュー »)
レーモン クノー, Raymond Queneau, 朝比奈 弘治
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫)
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
式場 隆三郎,式場 隆成,岸 武臣,赤瀬川 原平,藤森 照信

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES


CATEGORIES
PROFILE

OTHERS
qrcode


YamaRan's:備忘録

<< 「古典こもり その四・銀座編」 | main | 「ベルギー美術の変貌」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
浅草演芸ホール 11月下席・昼の部
初めて行って来ました、浅草演芸ホール
新聞屋で招待券をもらった老人が集う所だからね。出入りも激しいし。噂に違わず、常にレジ袋のシャカシャカ音が響き渡っている、落ち着きのない会場でした(笑)。

招待券の人は2階席か1階の立ち見、お金を払った人が優先的に1階の座席に座れる、という仕組みなんですが、みんな老人だからさ、座っちゃうんだよね。
開演前に「みんな頑張って立ってるんだから!」と係の人に厳しく叱りつけられているおばあさんがいて、周囲の「あの人叱られてるわ」という雰囲気も含めて痛々しかった。
まー、入口でも散々立ち見だって言ってるんだから、決まりを守らない方が悪いんですけど。

古今亭志ん坊「酒粕」
三遊亭天どん「堀の内」
三遊亭玉々丈「トヨタ」
柳家さん喬 「真田小僧」
近藤志げる「アコーディオン漫談」
すず風にゃん子・金魚「漫才」
柳家さん吉「漫談」
三遊亭吉窓「ぜんざい公社」
柳家小さん「親子酒」
鏡味仙三郎社中「太神楽」
三遊亭小金馬「目薬」
入船亭扇遊「家見舞」
柳家小菊「粋曲」
林家正雀「花筏」
三升家小勝「長短」

天どんは新作かと思いきや「堀の内」。
客席からの唐突な「しっかりやれよ!」の声で、一瞬いつものローテンションに拍車がかかったような(笑)。

二ツ目昇進おめでとうございます!
玉々丈はのりピーのまくらから「寿限無」のあらすじ紹介、そして教習所の先生に名前を考えてもらうという自動車版「寿限無」。

のりピーネタは正直今さら感は否めませんでしたが、二段階右折のくだりが秀逸だったので、相殺って感じですかね。
出だしで「まえだまえだ」を連想してしまいました。

二ツ目から真打に昇進する時よりも、前座から二ツ目に昇進する時の方が嬉しいものだ、という様な話を聞いたか読んだかした記憶がありますが、今日の玉々丈のかみっぷりを観ると、その緊張感やいかに、と。
「だいたい四年の前座期間で昇進する所を、三年で二ツ目になった」という優等生なのにねえ(笑)。

そういえば、市朗が二ツ目・市楽になったすぐ後くらいに、落語研究会か何かで聴いた時も、前座時代の安定感とは裏腹に、地味にヨレヨレだったな。

偶然か?(笑)

でもソツのない出来ってのも、それはそれでつまらないもんですけどね。

さん喬「真田小僧」で落ち着く。

にゃん子・金魚の漫才でようやく「あぁ、寄席に来たんだな」というムードが出て来たかな。
だって、近藤志げるのアコーディオンで「赤い靴」合唱とか、いろんな意味で寿命が縮んだ気がするもん。
にゃん子・金魚のアッケラカンとした笑いで救われました(笑)。

なんか疲れたので仲入りで出る。

数年ぶりに浅草をぶらぶらしてみました。
やっぱり世界中のおのぼりさんが集結してる感じでしたよ。

浅草寺でおみくじを引いたら「凶」。
何をしても「わろし」だなんて、アタシはどうしたらいいんですか。あ、きっと今が底で今後は上り調子、ということだね。そうに違いない。
たしか初詣で引いたおみくじも「凶」でしたけど。

そして亀十のどら焼きは美味しすぎる。
| お笑い・演芸 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメントありがとうございます。
そうです。天どんさんに対してです。
たぶん「がんばれよ」という様なニュアンスで言ってるんだとは思いますけどね。
| YamaRan | 2009/12/06 11:58 PM |
え?
天どんさんに対して「しっかりやれよ」って野次が飛んだんですか?
可哀想に・・・。まぁ言いたくなる気持ちも分かりますが。
| おた | 2009/12/04 9:35 PM |









http://yamaran.jugem.jp/trackback/1307