Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
文体練習
文体練習 (JUGEMレビュー »)
レーモン クノー, Raymond Queneau, 朝比奈 弘治
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫)
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
式場 隆三郎,式場 隆成,岸 武臣,赤瀬川 原平,藤森 照信

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES


CATEGORIES
PROFILE

OTHERS
qrcode


YamaRan's:備忘録

<< 「ハッピー・フューネラル」 | main | 第一回「白鳥クラブ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
早朝寄席
「よーし、今度こそ寝坊しないぞ!」と心に誓ったにもかかわらず、やっぱり寝坊しました。

その上雨降ってるし、面倒くさくなっちゃったなー、なんて布団の中でもじもじしてたんですが、どっちみち午後には出かけるんだし、と思い直し、寝ぼけ眼で行ってきました。
着いてみたら受付にいたのが天どん。間に合ったー。

古今亭志ん八「狸賽」
柳家初花「幇間腹」
三遊亭天どん「特別研修三上君」
三遊亭窓輝「武助馬」

客席に入ると志ん八の「狸賽」は、お終いの天神様のくだりでした。狸顔・志ん八の「狸賽」聴きたかったぞ。

窓輝が遅れているそうで、時間調整のため、と初花はまくらを長く。
しかし「幇間腹」よりも、初花と同時に客席の足元に出て来たちっちゃいゴキブリの方が気になってしゃーない(笑)。その上、肝心の幇間の腹に鍼を刺すあたりで、ゴキブリが行方不明に!居場所が分からないと、それはそれで気持ち悪い。

そんなモヤモヤが吹っ切れた頃に天どん。
今日、私が払った入場料の500円は、全部あなたにあげます!と言いたい(笑)。

やっぱり笑わせたモン勝ちだよな。“女性客の8割”と“楽屋”を敵に回し、客の引きに合わせてどんどんイキイキしてくる天どん先生。好きだわー。
シンプルな構成にきれいな(?)オチの付いた、落語らしいつくりなのに、全くそれを感じさせない天どん節。きっとノイローゼみたいな登場人物が効いてるんでしょう。

あと、まくらで席を立ったお客さん、ナイス!

ちゃんと間に合った窓輝は「武助馬」。この噺はじめて聴きました。

木久扇・木久蔵の襲名披露興行の楽日だったので、後幕やら飾り物やら、賑やかな舞台になってましたよ。

そうそう、ホリイさんがずんずんしてはりましたよ。先日の喬太郎勉強会でもお見かけしましたから、週に二度もかぶってる事になりますね。

終演後外に出ると、大雨の中爺さん婆さんが傘さして並んでる。みんな熱心だなあ。
私も似たようなもんか。
| お笑い・演芸 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://yamaran.jugem.jp/trackback/1024
二〇〇七年・古今亭志ん五一門出演記録(その4)
 二〇〇七年八〜十月分です。 8/2 鈴本演芸場 志ん五「幇間腹」 http://homepage2.nifty.com/Curious-G/starthp/subpage80139.html 8/3 鈴本演芸場 志ん五「無精床」 http://pub.ne.jp/rakugo/?daily_id=20070807 http://blog.livedoor.jp/nynyp6/archives/50986000.
| chloe's diary | 2008/01/06 1:59 PM |