Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
文体練習
文体練習 (JUGEMレビュー »)
レーモン クノー, Raymond Queneau, 朝比奈 弘治
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫)
定本 二笑亭綺譚 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
式場 隆三郎,式場 隆成,岸 武臣,赤瀬川 原平,藤森 照信

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES


CATEGORIES
PROFILE

OTHERS
qrcode


YamaRan's:備忘録

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
11月上席 真打昇進襲名披露公演
国立演芸場で11月上席・真打昇進襲名披露公演。

三遊亭ふう丈「子ほめ」
桂才紫「黄金の大黒」
三遊亭丈二「1パーミルの恋人」
ホームラン 漫才
三遊亭吉窓「大安売り」、踊り「なすかぼ」
柳家小ゑん「ぐつぐつ」
---
口上
翁家和楽社中
三遊亭円丈「ランゴランゴ」
林家正楽
三遊亭天どん「老後が心配」

いや、ホントは鈴本行くつもりだったんだけど、風邪ひいちゃったのでやめて、で池袋へ行こうと思ってたんだけど日程が合わなくて、仕方がないから国立に来たわけですよ。
やっぱり一応観ときたいし。

ふう丈「子ほめ」は初っぱなから眠たい。
才紫「黄金の大黒」はあまり記憶にない。

丈二はいつ見ても予想以上に小ちゃいよな。
あ、今日は後ろの方の席だったから余計にか。
あと女の子がかわいいね。

吉窓は「大安売り」の後に寄席の踊りを踊ったんですが、これって普通手拍子とかしないもんなの?以前何度か寄席などで踊りを観た記憶がありますが、手拍子、してなかったっけ?
なんか手持ち無沙汰と言うか、間が持てないと言うか。

口上は丈二の進行で、吉窓、天どん、円丈、小ゑん。
天どんファンには若い女性が多い、てなことを言われてましたが、今日に限って言えば客席はおじいちゃん率高かったです、普通に。

小ゑん「ぐつぐつ」、円丈「ランゴランゴ」と、代表作と言われるような新作がまとめて聴けたのは良かったかな。

天どんは「古典と新作どっちが聴きたいですか?」と、また挙手でネタ決め。初めは挙手でも拍手でも、どうしても五分なので、決まるまでもたつきましたが、最終的には新作に決定。

おじいちゃん率高いけど大丈夫か?とは思いましたが…いやー、あれはちょっとした惨事と言って良いレベルのハズし具合だったんじゃないでしょうか(笑)。逆に引き強いわ私。あれはそうそう観られないよ。その上披露目でだよ(笑)。

子供がダダをこねる場面でわーっとひっくり返ったら、完全に引いてたでしょ、あれは。国立演芸場が引き潮にさらわれるようだったよ。

「今日初めて天どんを観る人」と聴かれて、手を挙げた人が半分以上だったもんな。需要と供給のミスマッチじゃない?

ただね、ひっくり返り方にも問題あると思うよ。
なんかやり切った感がないから、生温すぎるんだよね。あまりにも勢いがなさ過ぎた。
だからおじいちゃんおばあちゃんは「あらあら」とか「おやおや」みたいなリアクションになっちゃうんじゃない?
転がりゃいいってもんじゃないからねえ。

更に客いじりも完全に失敗。
変な空気から挽回したかったんだろうけど、裏目に出たね。

そしてこれ以上ないと言う超絶タイミングで帰っちゃうお客さん。

もう何やっても無理だろ、これは(笑)。

終演後、「いやー、稀に見る大惨事だね、ははは。」と思いながら出口に向かうと、横を歩いているおじいさんたち「あんなのが真打になるのか」とか「あれはないな」とか口々に感想を述べていらっしゃいましたよ。

嗚呼、噺家とは何と恐ろしい職業であろうか!
| お笑い・演芸 | comments(0) | trackbacks(0) |
「昇太ムードデラックス」
下北沢・本多劇場で「昇太ムードデラックス」。

「犬の目」春風亭柳好
「お菊の皿」春風亭昇太
「長命」春風亭昇太
---
「明烏」春風亭昇太

まずは愛車トークからスタート。
昇太には是非とも、どんどん調子に乗って頂きたいものです(笑)。
それから桂竹丸に誘われて松山千春のコンサートに行った話も。

本日のゲストは春風亭柳好でしたよ。
「犬の目」って、場合によってはリアルに想像しすぎて、なんか気色悪いわー、というパターンがあるんですけど、これはリアルに想像しすぎる私が悪いんだと思います。
でも、柳好の「犬の目」は平気でした。多分、目を取り出す時の擬音が完全にマンガだから。

こういう系統の噺は、やっぱりリアルに想像させちゃ失敗なんだろうな。軽く軽く、それこそマンガみたいな世界を見せる噺。
ということは、柳好の「犬の目」は、あのほにゃほにゃしたキャラと相俟って成功、つまりいい「犬の目」でした。

続いて昇太「お菊の皿」。
お菊さんの前に出て来る前座が松山千春風でした。

生着替えの後は「長命」。
「短命」じゃないんだね。

「明烏」もそうだけど、お色気をそんなに出さなくても十分面白いんだ。

昇太の古典って実はあっさり&オーソドックス、ということを再確認。
| お笑い・演芸 | comments(0) | trackbacks(0) |
「らくらくゴーゴー!スペシャル」公開収録
ご招待券久しぶりに落語聴いて来ました。だってタダなんだもん(笑)。
というわけで、「らくらくゴーゴー!スペシャル」の公開収録無料ご招待に当選したので行って来ました。
会場は品川区荏原文化センター・大ホール。定員500人って書いてあったな、ロビーに。そこそこのサイズですな。


対談 春風亭昇太・柳家喬太郎
「ハンバーグの作り方」柳家喬太郎
「壺算」春風亭昇太
--
対談 春風亭昇太・柳家喬太郎

「ハンバーグ〜」の後半、別れた奥さんが訪ねて来た理由を話す重要な場面で、携帯鳴らしたオッサンがいましたよ。やーねーホントに(笑)。

あ、そうそう。このところ、きょんきょんに感じるなんとなくモヤッとしたものの正体が分かりました。
キレすぎ。これでしょ。ってまあ、完全に個人的な気分の問題なんですけど。

確かに「バレンタインなんかカンケーねーよッ!」とかお約束な感じもありますけど、1回の公演でそう何回もキレられると、「キレキャラに逃げてんじゃねーよッ!(喬太郎口調で)」という感じがして、それがなんかひっかかってモヤッとしてたんだわ。

まー、今回は普通の落語会じゃなくて公開収録だからね。テレビモードのきょんきょんではあった。そこは差し引いた方がいいとは思いますけど。

対談でお2人とも「これからは軽い噺に力を入れたい」と話していたのが軽い噺ファンの私としてはかなり嬉しかったです。昇太は古典の短い滑稽噺、喬太郎は新作で、とのことですので、これからはホールの落語会よりもまめに寄席へ行っといた方がいいかも。

でもさ、本当に面白い「つる」とか、本当に面白い「子ほめ」とかって、なかなか出会えないんだよね。
滑稽噺をちゃんと面白く演じるのがいかに難しいか、という事なんだろうけど。

放送は3月4日って言ってたかな、確か。
「笑点Jr.」が終わって「らくらくゴーゴー!」が始まったのは知ってましたけど、一回も観てないわ。なんかわざわざ録画するほどでもないしねえ。
| お笑い・演芸 | comments(0) | trackbacks(0) |
SWAファイナル
下北沢の本多劇場SWAクリエイティブツアー「SWAファイナル」。書き下ろしの2日目昼公演。

「再会のとき」柳家喬太郎
「泣いたちび玉」林家彦いち
---
「心を込めて」春風亭昇太
(会場では「心を〜」と書かれていましたが、SWAブログでは「気持ちを込めて」と書かれていました。)
「鉄砲お熊」三遊亭白鳥

喬太郎「再会のとき」はスーパーマーケットが舞台。
捕まった万引き犯は、なんとかつてのあこがれの女性。詳しい事情を尋ねてみると…という話。
なんかさー、きょんきょんが演るとさー、なんかさー、面白いんだけどさー、生々しいんだよね(笑)。
じゃ誰ならいいんだって話ですが、考えるに…噺自体が生々しいのか。

そうそう。マクラでとんかつを手でつまむ仕草をしている時に「ホントに手がベトベトしてる気がして来た(笑)」。さすが柳家!

彦いちは、携帯電話用のBluetoothヘッドセットの話から「泣いたちび玉」。
大衆演劇の子役“ちび玉”の代替わりにまつわるストーリー。
「泣いた赤鬼」ならぬ「泣いた柳家小さん」のくだり、長いわっ(笑)。上手いけど長いわっ。

昇太「心を込めて」。
妻に「あなたとは会話が成り立たない」と言われた男が、上辺を取り繕うのをやめて本音で話そう!と心を入れ替える話。
デパートでの上っ面トークが可笑しい。
でもさ、後半の本音の会話で2人してあれだけ盛り上がるってことは、相当ないい夫婦だよね。
ええ噺やん。

白鳥の「鉄砲お熊」は、がんばる女性の代名詞「なでしこ」由来の一席。
力自慢の女の子が、長じて女相撲の力士になっていた時点で、サゲの50%が割れちゃってる気がしますが(笑)、アクションあり、ボーイズラブ(?)ありで、白鳥さん大暴れ。久しぶりに白鳥ワールド満喫しました。

SWA Final SWA Final

左の写真はウェルカム・ボードならぬサンクス・フィギュアと、SWAチャンピオンベルト。
| お笑い・演芸 | comments(0) | trackbacks(0) |
春風亭昇太プロデュース下北沢演芸祭2011「SWAクリエイティブ・ツアー」
下北沢・本多劇場で「SWAクリエイティブ・ツアー」。

「東海道の駱駝」柳家喬太郎
「鬼背(おにのせ)」春風亭昇太
---
「灼熱雪国商店街」三遊亭白鳥
「二月下旬」林家彦いち

今回の公演はシャッフル&リニューアルだそうで、昇太作の「東海道の〜」を喬太郎がリニューアル、喬太郎の持ちネタで夢枕獏・作の「鬼背参り」を昇太がリニューアル、喬太郎が演ったSWA三題噺「凍てついた灼熱」を白鳥がリニューアル、喬太郎作の「八月下旬」を彦いちがリニューアル。
喬太郎トリビュートの会だ。

きょんきょん、いま古典指向だそうです(笑)。
今日の昼間は鎌倉で「五十両なくした!」「あげる!」「ありがとう!」っていう噺(=「文七元結」)をやって来た話とか、「ゴディバ対メカゴディバ」の話等から、「東海道の駱駝」に入るも、商家の女中と主人公が両方とも“みっちゃん”になってしまうなど、固まってない感じが大。こんなへにゃへにゃのきょんきょんも珍しいんじゃない?

駱駝になる場面では「師匠に観られたくない!」と心の叫びが(笑)。

終わりのトークによると、これまでの3公演では女郎屋の設定でやっていたそうです。昇太曰く「楽屋で“ようやく落語らしくなった”って言ってたよね」。昼間「文七元結」を演ったのがヒントになった、とのこと。
なんか興味深い瞬間を観た思いがします。

昇太版「鬼背参り」は、参らないので「鬼背」だそうです。
「男女だとやりにくいから」と、母と息子の噺に。
「鬼背参り」は第一印象が強烈だったし、噺自体も結構ヘヴィなので、昇太はどう演るんだろう、と興味津々でしたが、程よく力の抜けた、笑いの要素も多い、より落語らしい「ちょっといい話」になっていました。最近の私にはこれくらいのボリュームがちょうどいいや。

白鳥「灼熱雪国商店街」は「池上さんみたいに社会問題に切り込む」作品だそうです(笑)。
個人的には、雪ん子の南京玉すだれがヒットでした。
全体として、本人が思ったほどウケてなかった様で「何でも笑う客ばかりじゃない!」と自ら喝。相応に笑いは起こってたと思うけどなあ。他の日はもっとウケてたってことか。
最後の挨拶で「4日目にして雪女が幾代太夫に見えた!」と自画自賛したつもりの白鳥でしたが、昇太に「それじゃダメだろ!」と即座に叱られてました。雪女は雪女に見えなきゃ(笑)。

彦いち「二月下旬」は、喬太郎の「八月下旬」をしっかり踏襲しつつも、良くいえば一般化というか万人向けと言うか、寄席でもやりやすそうになった印象。でもほっこり噺がしんみり噺になってた気がする。安田生命ホールで聴いて以来だから定かではないんですけど。

そうそう。まくらで話していた、泥酔して「年相応のおじさん」になった昇太のひと言が傑作でした。城が好きなのはよーく分かった(笑)。

いろんな人に演ってもらえる新作をつくる、というSWAの最終目的から言うと、「鬼背」と「二月下旬」は成功作でしょう。喬太郎版「東海道の駱駝」、白鳥「灼熱雪国商店街」は、演者が限定されそうだからねえ(笑)。

最後に今後の公演のお知らせ。
第一期SWAの活動は、今年一杯で終わりだそうです。
最後まで目が離せません!
| お笑い・演芸 | comments(0) | trackbacks(0) |